July 2015
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
sketch book 足立社長のフォト日記
« 家具あれこれ | スタッフブログ

ランドセル

blog23-1.jpgblog23-2.jpg息子のランドセルを注文しに土屋鞄さんにおじゃましてきました。店内はとても素敵で落ち着いた色で揃っており、心地の良い空気が流れていました。店の奥にある工房も自由に見学できます。


革製品が品よく並んだその一角にランドセルコーナーがあり、親子の笑顔でにぎわっていました。新しいランドセルを小さな背中に背負った子供たちの顔を見ていると泣きそうになってしまいました。感動2。


スタッフN

お帰りなさい

blog22-1.jpgblog22-2.jpgうれしい知らせが届きました。昨年、新しく家族に加わったツバメ一家が戻ってきたのです。あの時巣立った子供たちでしょうか。その子が立派に育ち、お嫁さんを連れて里帰り。なんて想像を膨らまして勝手に感動の涙。あっというまに新しい命が誕生し、からっぽだった巣がにぎやかになっています。親ツバメ(あの時巣立った息子)はせっせと餌を巣に運び、その子供たちが巣立つ日まで大事に育てています。感動。


スタッフN

絶叫のために

blog21-1.jpgblog21-2.jpg富士山の麓にある遊園地、富士急ハイランドの開園前に駐車場から撮影しました。かつては早さ・高さ・最大落差でギネスにも認定されたことのあるジェットコースターFUJIYAMAのレールです。駐車場からはるか上空に見えるレールの上を二人の男性がいるのですがわかりますでしょうか?二枚目の写真だともう少しはっきりみていただけると思います。一番高い場所は地上から79m、そこから最大傾斜角65度で70m降りていき、全長2045mのコースを歩いて確認しているのです。お客様の安全の為とはいえ、大変な仕事ですね。


ちなみに私はこの絶叫マシンの大ファンです。私のような絶叫したい多くのファンのために毎日安全確認をしていただき、富士Qスタッフの皆様には本当に感謝しています。


スタッフN

初体験

blog20-1.jpgblog20-2.jpg問題です。


かなみひめ・章姫・アスカルビー・レッドパール・かおり野・・・これらは一体何の名前でしょうか?

さちのか・紅ほっぺ・とちおとめ・淡雪・さがほのか・・・これでお分かりになったのではないでしょうか。

そう、これらはイチゴの種類の名前です。千葉県にある大きな農園でイチゴ狩りを楽しんできました。ここには20種類以上のイチゴがハウス内に綺麗に並んで栽培されていました。練乳を片手に、手と口を真っ赤にしながら様々な品種を片っ端から食べ比べること30分。イチゴだけでこんなに満腹になったのは間違いなく初めての経験です。

スタッフN


季節の移り変わり

blog19-1.jpgblog19-2.jpgつい数週間前に今季最後のスキーを楽しんできたと思いきや、バタバタと忙しくしているうちに桜の開花宣言がありました。外気温も20℃を超える日が続いては冷え込みの繰り返しで春独特の落ち着きのなさに振り回されています。ゆっくり花見をしながらお散歩でも・・・なんてしているとポツリポツリと雨粒が!


そうこうしているうちに頭上ではピンクより緑の割合が増え始め、足元はグレーの上にピンクの絨毯です。早い早い。


スタッフN

成長した?

blog18-1.jpgひな祭りです。


昨年のひな祭りの日、私は息子が保育園で作ってきた内裏雛をこのブログでアップしました。そして一年・・・。今年も息子は意気揚々とお手製の内裏雛を持ち帰ってきたのですがー。皆様には息子の成長がみられますでしょうか?昨年のアップした写真とぜひ見比べてみてください!

Gift Show

blog17-1.jpg先日、東京ビックサイトで行われた「第79回東京インターナショナル・ギフト・ショー」へ行ってきました。何百ものブースにさまざまな新しい商品が所狭しと並んでいました。日々の暮らしになくてはならないモノに遊び心をプラスした商品が多数目に留まり、そこからどんな人がこの商品を販売しているのか、どこで作られているのかなどが気にかかり、ついついブース内に吸い込まれてしまいます。半日かけてホールを回り、へとへとになりましたが良い出会いがいくつもあり、さらに勉強にもなりました。

スタッフN

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。本年も何とぞ昨年同様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

スタッフN

お伊勢さん

blog16-1.jpgblog16-2.jpgblog16-3.jpg突然思い立ったというスタッフMに連れられて伊勢神宮へ行ってきました。実は私、「式年遷宮」であった去年のうちに神宮へ参拝に行きたかったのですが叶わず、ヤキモキした気持ちで過ごしていたのです。それがなんと2014年の「おかげ年」に参拝できるチャンスが巡ってきたのです。東京⇔三重を日帰りという弾丸ツアー計画でしたが、お伊勢さんの神秘のパワーを身体全体にしっかり感じてくることができました。


まず夫婦岩で体を清め、神宮の外宮から内宮へ、感謝の意を述べながらしっかり詣でることができました。


2014年のうちにこんな素晴らしい場所に連れて行ってくれたスタッフMに心から感謝しています。

スタッフN

豪華絢爛

blog15-1.jpgblog15-2.jpg華道家 假屋崎省吾さんの個展が行われるとのことで、目黒雅叙園まで行ってきました。「昭和の竜宮城」と謳われた百段階段。実際は99段でした。これからも進化継続していくという思いが込められ、あえて100段ではなく99段にされたそうです。長い階段廊下が7部屋を繋いでおり、各部屋に假屋崎さんの世界が広がっていました。大胆に組み上げた白樺の木に牡丹や紫陽花、他にも沢山の見たことのない豪華な花が展示されていました。その大きさと色彩の鮮やかさに圧倒されっぱなしでした。


スタッフN

キャンドルナイト

blog14-1.jpg西伊豆町の乗浜海岸で行われたキャンドルナイトに行ってきました。世界認定を目指す「伊豆半島ジオパーク」が今年のテーマだそうです。ペットボトルに砂を詰めた容器に差したキャンドル4000本に点火されると伊豆半島のシルエットの中にジオパークの文字が浮かび上がりました。乗浜海岸は決して大きな海岸ではありませんが、暗闇に浮かび上がる無数のキャンドルの灯はまるでどこまでも続いていくようでとても幻想的でした。

スタッフN

夏の思い出

blog13-1.jpg今年の夏は雨の印象が強く残りました。西日本を中心に記録的な大雨が各地で観測されました。いまいち夏を堪能できずに終わってしまったという方も少なくないのではないでしょうか。


徳島では阿波踊りの行われる数日前、大型で強い台風が上陸、横断していきました。県南では河川の氾濫もあり、甚大な被害がありました。その後、徳島市内ではなんとか無事に4日間の阿波踊りが行われたのですが、被害に遭われた方々の事を思うとやはりいつもとは違う少し静かな夏になったのではないかと思います。そして、お盆が過ぎても各地で記録的豪雨が相次ぎ、災害によって命を落とされた方が多く報道されていました。


すっきりしない夏が終わり、朝晩には秋を感じる季節に変わってきました。例年よりかなり早い秋の訪れに慌ただしく長袖シャツを準備しています。

                                                          スタッフN

鎌倉へ

blog12-1.jpgblog12-2.jpg江ノ電に乗って鎌倉まで、ぶらり途中下車の旅をする予定でした。江の島から鎌倉までの各駅で降りてブラブラ雑貨店を見たりカフェでお茶したりしたかったのですが、あまりの猛暑に同行者達もぐったり。途中下車する気にもなれず、由比ヶ浜のサーファーを眺めながら鎌倉駅まで直行しました。


小町通りにびっしりと並ぶ新旧入り混じったお店に少しテンションが上がり始めた私たちに真っ黒に日焼けしたイケメンが声を掛けてきました。人力車の俥夫さんでした。初めて乗る人力車で鎌倉の名所を案内してもらい、最後に鶴岡八幡宮前で下車。お参りをして、短い旅は無事に終了しました。

スタッフN

新しい同居人

blog11-1.jpgblog11-3.jpgblog11-4.jpgツバメの夫婦がしばらく事務所の周囲を飛び回っていたのですが、ついに新居を構える場所が決定したようです。事務所の外壁に5センチほどのアンカー?が飛び出したままになっていたのですが、そこへ夫婦が目を付けました。そんなところに?と思っているうちに、彼らはせっせと巣の材料を運び始めたのでした。


Day1・・・アンカーにとまり、うまくバランスをとりながら両サイドに泥をくっつけ始めました。もっと近くに適した場所があるのになぁと思いながら観察を続けました。

Day2・・・泥に交じって藁のような枯草も運んできていました。すでに巣の外観はほぼ完成に近い形をしています。が、もう少し手を加えて整えていくようです。

Day3・・・なんと、たった3日で素敵なお家の完成です!満足そうに座っています。


このご夫婦に家族が増えるのも時間の問題のようです。
掃除は大変ですが、縁起も良いとされるツバメの巣。もう少しこの夫婦を見守っていきたいと思います。


スタッフN

寄り道

blog10-3.jpgblog10-2.jpg静岡の古い友人に会ってきました。そのついでにちょっと寄り道です。


伊豆で随一の名瀑とも言われ、日本の滝百選、静岡県水辺百選にも選ばれている浄蓮の滝。高さは25m・幅7m。滝つぼは深さ15mとのことです。エメラルド色をした滝つぼには、女郎蜘蛛が棲みついているという伝説もあります。滝から飛び散った水しぶきとすがすがしい空気にしばし時間の流れを忘れてしまいました。


下の写真は伊豆の名産として知られる「わさび」です。浄蓮の滝がもたらす恵みがこんな形でありました。一面に敷き詰められた緑のじゅうたんがなんともいえない初夏の景色を演出してくれていました。

スタッフN

三社祭り

blog9-1.jpg浅草の三社祭りに参加してきました。地元が浅草の友人の誘いで、息子が町内子供神輿を担がせてもらえました。下町情緒あふれる浅草の町並みの中を威勢の良い掛け声とともに練り歩きました。腹掛け、股引きに身を包んだかわいい子供たち。男性は法被にふんどしという、なんとも言えない粋なスタイルでした。煌びやかなお神輿が町のいたるところで見られます。町会ごとに色や大きさが違うようです。徳島育ちの私にはすべてがとても新鮮でした。


スタッフN

館山城

blog8-1.jpgblog8-3.jpg週末、お天気が良く気持ちのいい日だったので館山まで行ってきました。館山湾(鏡ケ浦)を見下ろす高台に館山城があります。そこに併設している八犬伝博物館がお目当てでした。そう、かの有名な「南総里見八犬伝」の資料館です。江戸時代に戯作者・曲亭馬琴(滝沢馬琴)が28年の歳月を費やして完成させた長編小説です。館山城は八犬伝の題材となった里見氏の本拠地でした。


偶然ですがつい先日、CS放送の映画チャンネルで薬師丸ひろ子さんと真田博之さんが演じる「里見八犬伝」を20年ぶりぐらいに見ました。面白かったです。が、原作とはかなり違うようです。。。

                                                           スタッフN

blog7-1.jpgつい先日、関東で25℃越えの夏日を観測したかと思ったら昨日からは上着が必要なほど気温が下がりました。春らしいですが体には堪えます。しかし、季節は確実に進んでいます。桜前線はあっという間に東北まで進んでしまって花見のタイミングを逃してしまいました。


我が家ではスノータイヤからノーマルタイヤにやっと交換できました。なかなか時間がとれなかったのですが無事に交換を終え、春のドライブに備えました。
                                                           

スタッフN

3.11

今日で東日本大震災から3年経ちました。
改めて、被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。

朝からメディア各局で3年という月日で何が変わり、何が残されたままなのかを放送しています。現在の被災地の映像が流れますが・・・私の眼には何も変わっていないようにしか見えません。まるで時が止まったままの状態です。何をしようにもまず、原発事故による放射能の汚染が壁となっています。傷跡は残り、荒廃が進んでいます。

ヤフーのトップページに掲載されていた記事が心に留まりました。震災後のビートたけし氏の言葉だそうです。
「テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。だけど、この震災を『2万人が死んだ一つの事件』と考えると被害者のことをまったく理解できないんだよ。そうじゃなくて、そこには『1人が死んだ事件が2万件あった』ってことなんだよ。2万通りの死に、それぞれ身を引き裂かれる思いを感じている人たちがいて、その悲しみに今も耐えているんだから。」

忘れてはならない、当時の強い思いをどのように形にしていくのか・・・。

スタッフN

ひな祭り

blog-6-1.jpg昨年末より長い冬眠に入っておりました。気づけばもう3月。 


ひな祭りです。
息子が保育園で内裏雛を作ってきました。
作品をみることで息子の成長がよく見え、しみじみ眺めてしまいます。


ひな祭りといえば、男の子ではなく女の子の成長や幸せを願う行事ですよね。女の子が誕生するとひな人形を用意して、その娘にかかる災いを人形に身代りになってもらうという意味合いがあります。親の心が込められている、大切な行事ですね。

MERRY CHRISTMAS

blog5-1.jpg写真は、偶然新宿で出会ったハーレーに乗ったサンタさん達です。車の中からとっさに撮影したのでわかりにくいのですが・・・。
このハーレーサンタ、100台ほど連なっていて、渋谷から新宿をパレードしたそうです。なかなかの迫力でした。
実はこの団体は「ハーレーサンタCLUB」という、児童虐待をなくそう!と立ち上がった人たちでした。

さて、クリスマスといえばイエス・キリストの誕生を祝う日ですよね。英語では「キリストのミサ」という意味です。日本に伝来したのは、フランシスコ・ザビエルで有名なイエズス会の宣教師が来日した時です。

その後、徳川幕府がキリスト教を禁止して一度は廃れてしまいましたが、禁止が解かれた明治時代以降、再び広がっていったようです。

そして、今ではサンタさんのコスチュームで街をパレードし、メッセージを伝える手段の一つに起用されるほどの人気者になっていますね。子供たちは大喜びで手を振っていました。

スタッフN

整理整頓

blog4-1.jpgblog4-2.jpgとあるマシンの裏側です。


マシンそのものよりも整理整頓された工具達に感動です。メンテナンスされている方は本当にこのマシンが好きなんだなと感じました。                                                 


商売道具を大事にするということは仕事をする上で最も重要なことですね。整理整頓すると周りの人にも分かりやすく、安全で仕事のスピードアップにもつながると思いませんか?                     


壁一面に整理された工具達をなんとか写真に収めようとしましたが収まりきらないので右からと左からの写真をアップしました。壁のべニアには工具の型が記されていて、種類やサイズごとに場所がきちんと決まっています。これだと間違うこともないし、なにより見た目が良いですよね。


スタッフN

雲の上は・・・

blog3-1.jpgblog3-2.jpg
そこそこ強い台風27号と猛烈な台風28号から逃げるように徳島阿波踊り空港を飛び立ちました。徳島空港から飛び立って数分後、3層になっていた雨雲を突き抜け、それまでどんよりしていた空模様の下から一転、晴天の雲の上に。


そしてもう一つ。飛行機の窓から外を見ると・・・なんと雲に機体の影が映り、その周りに虹の輪が!!綺麗で目を離せなくなりました。今まで何度も飛行機に乗ってきましたが、こんな綺麗な虹の輪は初めて見ました。


帰ってすぐ調べてみるとそれは「ブロッケン現象」といい、太陽などの光が背後から差し込み、影の側にある雲や霧に光が散乱されて、見る人の周りに虹と似た光の輪となって現れる現象とのことでした。


スタッフN

大人も一緒に楽しめます

ブログ2-1.jpgKID-O-KID(ボーネルンドの室内遊び場)へ行ってきました。

体を使った遊具やパズルが沢山あり、子供たちが安全に
思いっきり遊べる場所です。

ボーネルンドが厳選した世界中の優秀な遊び道具に囲まれて遊んでいると自然にいろいろなことが学べる仕組みになっています。

その中で一つ、私のお気に入りの玩具(というよりは家具)を紹介します。
 
 
 
皆さんは幼いころ、磁石を持って公園の砂場へ行き、砂鉄を集めませんでしたか?
それをうまく利用したユーモアたっぷりの玩具(家具)です。

スタッフN

KID-O-KID http://www.bornelund.co.jp/asobi/kidokid.html

スタッフブログ開始します♪

jyugoya.jpgはじめまして。
足立木工FF株式会社 スタッフNと申します。

この度、「足立社長の写真日記」は「足立木工FFのスタッフブログ」へとプチリニューアルしました。

弊社社長のブログを心待ちにしてくださっている皆様には大変申し訳ございませんが、今後は足立木工FFスタッフより皆様へ心を込めたブログをお届けして参りたいと思います。

・・・とはいいましても、もちろん、時々は社長からもブログを通して皆様へメッセージを伝えて参りたいと申しておりますので、どうか気長に社長の登場をお待ちいただければと思います。


さて、記念すべきスタッフからの初投稿...

何を皆様にお伝えしようかと悩み窓から外を見ると・・・とても綺麗な中秋の名月が。
そう、今年の中秋の名月は満月となる8年に1度の貴重な日だったんですね。

19日の夜、その満月をなんとか写真に収めたかったのですが私のデジカメではなかなかうまく撮れず
(デジカメのせい?)。。。
この名月の美しさを皆様にうまく伝えるにはやはり撮影の腕を磨かなくては!!なんて思いながら
お団子を口に運びつつ満月を見上げておりました。

www.adachiwoodworks.com