March 2011
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
sketch book 足立社長のフォト日記
« 2011年02月 | 2011年03月 | 2011年11月 »

お見舞い

nanohana.jpgあらためて震災の被害に遭われたみなさまにお見舞い申し上げます。

失うものがあまりにも大きかった震災の報道を見るにつけ、遠い徳島の地でいたたまれない思いがおさえられません。

自然の力に対して人間があまりにも非力であることに呆然とさせられる一方、恐怖の中でも日頃の備えで避難された方々や救助された方々には命の尊さを教えられました。原発事故については、私自身も含めて私たちがいかに慢心に日常を過ごしてきたかを思い知らされました。

家族が引き裂かれた悲しみは、ただただ自分のことのように胸が痛くなります。
被災地で気丈に健気に生きていらっしゃる姿には敬服の念でいっぱいになります。
また、彼の地で救難、援助されている多くの方々には感謝の気持ちがとまりません。

なにも出来ずにいるわたしは、被災された皆様に少しずつ少しずつ日常を取り戻していただけるよう祈るばかりです。

心ばかりですがお見舞いをお送りいたします。
『小さな幸せ』という花言葉を持つという【菜の花】です。
哀しみと苦しみのさなかにいるみなさま、どうか『小さな幸せ』を見つけてください。

そして、私たち家具や木工に携わる者がお役に立てる状況になったら、小さな幸せがすこしでも大きくなるようにみなさまのお手伝いをさせてください。

心からみなさまへ応援のエールをお送りします。『負けないで東北!くじけないで東北!』

被災地のみなさまにお見舞い申し上げます

この度の東北地方太平洋沖地震の災害にあわれた皆様、お知り合いや関係者が現地にいらっしゃる方に、
心からお見舞い申し上げます。

現地の状況が報じられ明らかになるにつれ、あまりにも激しく痛々しい惨状に言葉も有りません。

一人でも多くの命がつながります様に、またこれ以上の被害がおこりません様に、心よりお祈り申し上げます。

足立木工FF株式会社 
代表取締役 足立早苗

松山にて その1

matsuyama_desk.jpg久しぶりの「お仕事日記」は松山での家具工事。

徳島を出発する頃から降り出した雪が、トラブルのはじまりです。
はじめは、めったにない雪の中。子供のようにワクワク気分で運転していたものの、次第に激しく降る雪でとうとう高速道路が通行止めに!

普段ならば2時間半で着くところがなんと7時間もかかり、家具を満載したトラックもやっとのことで夜間の搬入に間に合うという有り様。散々なスタートを切った愛媛県松山市での大仕事。その顛末やいかに?

これから一週間かけて、大小合わせて30台あまりある家具を次々と取り付けていきます。

中には、写真のような面白い家具もあります。
お客様の要望から産まれたこの優れもののデスクは、楕円部分のテーブル天板が、その下の収納部分と一緒に回転する機能が付いています。

横長に使用したり、時には直角まで回転させてみたり、このユニークなデスクは、いつの間にか現場にいらっしゃる人達の「人気者」となりました。

製作を担当した熟練の職人さんも、思うように回転するか、決まった位置でちゃんと止まるか、など試行錯誤と悪戦苦闘を繰り返していましたが、見事完成した時には
「 いい感じで廻るでしょ〜! 」
と自画自賛! さすが〜頼もしいかぎりです♪

www.adachiwoodworks.com