July 2007
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
sketch book 足立社長のフォト日記
« 2007年06月 | 2007年07月 | 2007年08月 »

サトウキビ搾り

satokibishibori.jpg
夏の徳島といえば、なんといっても阿波踊り! 近頃は「連」の練習の音がどこかしこと聞こえてきます。 阿波踊りのワクワクを皆様にもおすそわけしたいと足立木工のサイトでも「阿波踊りキャンペーン」を企画しています。

阿波徳島の特産品のひとつ「和三盆」。
和三盆のほんのりと甘く柔らかい昔懐かしい甘みは、心の中まで癒してくれるようです。
この優しい味を皆様に味わっていただけるようにプレゼントを予定しています。
詳細は近く、ウェブサイトでお知らせします。お楽しみに!


写真は、板野郡の“技の館”に保存されている、三盆糖を製造していた昔の石臼小屋。円形の建屋の中で大きな石臼を牛に引かせて作業していたようです。

tsubasa.jpg四国徳島は梅雨明けです。
何処までも碧い空と海です。徳島空港から羽田への1時間ちょっとの旅の空です。
この翼を持つ機体は数少ないと誰かに聞きました。(ホント?)でもこのフォルムと角度は目を引きますね。
空の青さのなかで凛としてる感じが素敵です。

お仕事日記:鹿児島編(その2)

kokudou.jpgkabutomushi.jpgsakurajima.jpgsyokunin.jpg鹿児島の続編は、家具取付工事の時の日記です。

鹿児島への移動は旅行気分だったものの、現場ではヘビーな毎日。でも仕事のあとの黒豚料理の美味しさは絶品でした!

<写真1:国道ひた走り>
職人さんとおよそ12時間のドライブ。
四国を横断して愛媛県八幡浜からフェリーで大分県臼杵へ。
それからは陸路をひた走りです。
  
<写真2:巨大カブトムシに遭遇>
さすが九州、2メートルものカブトムシ発見!
あわてて車を止めて車中からパチリ。
子供達が見たら喜ぶんだろうなあ。

<写真3:桜島>
てっぺんの雲をどかせて昇る噴煙を見てみたいけど、梅雨の合間ではやはり無理ですね。
現場から歩いて10分。昼休みに職人さんたちと桜島を眺めに。

<写真4:家具工事>
建築現場で注文家具を取り付ける仕事は、我慢と諦めないことが肝心です。
あまり皆さんの眼にとまらない仕事なんです。

お見舞い

大きな被害をもたらした台風がやっと通り過ぎたと思った矢先、今度は大きな地震でした。
どちらも大きな爪跡を残しました。

被災地の皆様には 心からお見舞い申し上げます。
いっときも早いライフラインの復旧と被害にあわれた皆様の心の痛手がすみやかに癒されますように。

お仕事日記:鹿児島編(その1)

01_takamatsu.jpg02_hikouki.jpg03_ashiyu.jpg先月二度、家具の仕事で鹿児島に行ってきました。
その時の様子を2回に分けてご紹介します。

鹿児島まで「現場調査」に一人旅です。
工事にはいる前には現場の下見、採寸など手の抜けない大事な仕事があります。
でも通る先々で楽しんできました。

<写真1:徳島から高松へ>
JR高徳線電車からの風景です。
田んぼの向こうに見えているのは瀬戸内海。
早苗植えわたす夏は来ぬの歌、古いかな?

<写真2:プロペラ飛行機>
プロペラ飛行機はひさしぶりでちょっと不安。
でも乗ってみれば有視界飛行を満喫です。

<写真3:足湯>
鹿児島での打合せを終わって、次はこのまま東京へ移動です。
雨にたたられた出張の疲れも足元から温まってホンワカした気分。美しい足をお見せするのは恥ずかしいのでピントを合わせずに、、、

願いごと

tanabata.jpg
小学校の庭先でみつけた願い事でいっぱいの七夕飾りです。
梅雨空に負けずに願いが届きますように。

ブログご挨拶

念願のウェブサイトがリニューアルしました!

家具の仕事先で出会った、ふと眼についたもの、ちょっと耳を傾けたこと
私の心に響いた風景を切り取っていこうとおもいます。
たまにのぞいて、なにか感じていただけたら幸いです。

[PRE03]軽井沢小径

karuizawa.jpg
今日は仕事を離れて
自転車で風を切って走ってみました。
空も雲も緑も流れ
贅沢な時を満喫です。

www.adachiwoodworks.com